父と母の闘病生活とわたし

父はがん・母は白血病で他界。闘病生活を送っている両親の気持ちや両親を支える(介護)する家族の実話

入院生活

父・母W入院

父が入院して2週間。兄嫁たちが疲れ出した 次男も自営業なので奥さんと交代で父の病院へ通っていました。 全身に癌が転移している父。足が痛いと訴えるので交代でひたすらマッサージを続けていました。 自分で寝返りが打つことが出来ないのと、ガリガリに痩…

W介護が始まった

初めての入院がなれない 4人部屋に入院。布団派の父は慣れないベット、同室の患者の物音やいびき、頻繁に出入りする看護師など落ち着かない空間になかなか慣れずにいました。

父 胃カメラの結果3

末期癌と診断されました 入院2日目に胃カメラ検査をしました。 カメラを口から入れスグ、喉から肉のラードのようなものが… それは胃まで続いていました。

次の治療方針

「ビダーザ」と言う骨髄異形成症候群には効果のある抗癌剤が全く効果がなかった母。 医師からは「このままなにもしないよりとにかく元気で体力があるので治療しましょう」と再度言われました。そして次の抗癌剤治療の説明を簡単に説明されたとき、母本人の前…

入院生活

母は初めての入院とあり緊張と不安、また初めての抗癌剤治療の恐怖など複雑な気持ちでいっぱいでした。私たち家族には「頑張る」と明るい表情を見せていながらも、一人になると「死」を考えてしまったり「まだまだ生きていたい」と言う気持ちとの葛藤だった…

スポンサードリンク