読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父と母の闘病生活とわたし

父はがん・母は白血病で他界。闘病生活を送っている両親の気持ちや両親を支える(介護)する家族の実話

父親の様子

父親が体調を崩す

   f:id:tarubomirubo:20151208102853j:plain

病院嫌い・薬嫌いな昔ながらの頑固爺。

出張中、体調を崩し自ら病院へ行ったらしい。

疲れがなかなかとれず、手足の軽いしびれやだるさ

軽い喉の痛み・・・

 処方してもらった薬。

今まで錠剤を飲み込むことが不得意な父。ゴクンと飲むタイミングがわからないのか

何十分も時間をかけてチャレンジを繰り返してきたらしい。

そのせいか錠剤(薬)自体嫌がり、粉薬も含め薬嫌いになってしまったよう。

そんな父が錠剤を頑張って飲み続け、多少和らいだ様子。

私を含め母も父が自ら病院へ行き薬を飲むなんて・・・

よほど調子が悪かったのだろうと思った。

ただ、ただの喉の炎症?風邪?くらいで病院へ行くなんて、普通の人なら当たり前の事なのかもしれないけど、どんなことがあっても病院へ行かなかった父。

 

今思えばその時ちゃんと検査しておけば…

家族が心配するも「自分のカラダは自分が一番わかっている」なんでいうものだから

あまり言えない。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク