読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父と母の闘病生活とわたし

父はがん・母は白血病で他界。闘病生活を送っている両親の気持ちや両親を支える(介護)する家族の実話

母 退院

2回目の抗癌剤治療が終わり退院することになりました。

     

       f:id:tarubomirubo:20151205101341j:plain

母の入院している病院はクリーンルームがナイので、ずっと個室で監禁状態です。

ビダーザ(抗癌剤)やってる時は部屋の外に出てお風呂まで歩いたりしていましたが、2回目の抗癌剤治療の時ははシャワー付き部屋なので本当一歩も出ていません。

足の筋力が相当落ちていると思います。

退院となれば自力で歩かなくては生活できないので看護師さんに相談し主治医の許可を得てリハビリの先生が病室まで来てくれるようになりました。

短い距離ではありますが歩行練習やマッサージ・ベットの上でストレッチなどやって頂きました。

 

悩みなのが、とにかく主治医や看護師に「菌キン菌キン菌…」言われていました。

          

      f:id:tarubomirubo:20151205101423j:plainf:id:tarubomirubo:20151205101423j:plainf:id:tarubomirubo:20151205101423j:plain

手洗い消毒ばかりしているので私の手はガサガサです。 看護師も入室の際はビニールエプロン&手袋を着用で入って来るのですが、菌キン言ってる主治医はそのまま入室してるので看護師さんが「私達より先生の方が汚いのに自分達はズカズカと入室して…」って怒ってましたょ。

 

それから数日後、退院しました。

主治医と詳しい話が出来なかったので一時帰宅なのか、外来で様子見ながらの退院なのかはわかりません。血液検査の結果は 白血球1.55・ 血小板3.15 そのほかは忘れちゃいました。 6日後に骨髄検査をする予定です 。

 

 

私が母にできることは「1日でも長生きして貰いたい」本当ただそれだけです。 私は母の病気を理解し支えることしか出来ませんが、少しでも良い状態でいられる環境を作っていきたいと思っています。 ウチの担当医は「国立がんセンターのHPを見て下さい」とよく言っていましたが良い事はあまり書いてないです。

私はとにかく色々な言葉を検索しています。抗がん剤の薬液・副作用・白血球の増やし方・血小板の増やし方・ナドナド… そこから更に言葉を拾い ビタミンK・染色体異常・ナドを調べたりしています。 何番目の染色体異常なのか…でも使用する薬が変わってくるそうです。 母は20番目の染色体異常で、調べてみると予後良好みたいです。 正確な情報なのかはわかりませんが、それだけでも気分が前向きになりました。 母はとにかく気分の浮き沈みが激しく、不安になってる時は私が調べたチョットした「情報」を話してあげるだけで、気分が前向きになってくれ、無事抗がん剤治療を予定通りの日数で終えることが出来ました。

スポンサードリンク