読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父と母の闘病生活とわたし

父はがん・母は白血病で他界。闘病生活を送っている両親の気持ちや両親を支える(介護)する家族の実話

父の様子

異変に気づかなかった私

   f:id:tarubomirubo:20151208102645j:plain

整形外科に月1で通っていた父。

先生に「真黒い便が出る」と何度か話したことがあったが

先生は「鉄剤(貧血の薬)を飲んでいるせいだろう」と言っていました。

私自身、妊娠中に鉄剤を服用し、その時は少々黒い便をしていましたので父にも「薬のせいじゃない?」なんて話していました。

 今思えば錠剤を飲むのが苦手な父。処方してもらった鉄剤も飲んだり飲まなかったり…

飲んでいなかった方が多かった。毎回ちゃんと服用していなかったので毎回真黒い便が出るのに私は全く異変を感じなかった。

 

数か月が経父が毎回「真黒い便が出る」と先生に訴えていたため便検査をすることになりました。その間血液検査も何度かしましたが、血液検査では全く異常がありませんでした。

 

便検査の結果「特に問題ない」とのことでした。

 

母が血液の病気で毎回血液検査の結果を聞いていましたが、私自身その頃はあまり詳しくありませんでした。血液検査の項目のアルファベットをネットで検索し「あれが低い・これがちょっと高い」程度。

 

でも先生が血液検査結果を見て「問題ない」と言っていたので、きっとパーキンソンの血液検査内容と癌の血液検査内容は違うものだったんだろうと…信じて…

スポンサードリンク