父と母の闘病生活とわたし

父はがん・母は白血病で他界。闘病生活を送っている両親の気持ちや両親を支える(介護)する家族の実話

MDSと戦う母の闘病生活と私の介護~入院5日目~

相変わらず熱は下がらず・・・

 f:id:tarubomirubo:20160607104807j:plain

入院5日目、相変わらず熱は下がらず。

抗生物質や熱を下げる点滴、氷枕…少しでも熱が下がり身体が楽になるように看護師さんも一生懸命でした。

母は顎を大きく動かし一生懸命口呼吸をしていましたが、だんだん顎の動きが小さくなってきました。話しかけても手を触っても反応はありません。

 

 

長男夫婦が病室へ来たので私は一度帰宅をしました。

帰宅した私は自宅の掃除・洗濯と家事をし、土曜日だったこの日は旦那も休みだったので、午後から子供たちも連れて家族で母の病室へ行きました。

病室で寝泊りしている姉と姪っ子をはじめ、長男家族、次男、次男の子供達、友人といっぱい集まっていました。集まっていても何話すワケでもなくただただ皆母と同じ病室にいるだけでした。下の子が飽きてきてしまい、30分ほどで私を残し旦那と子供たちは帰宅しました。

夕方になり、長男家族と姉・姪っ子が今晩泊まるとのことで私と次男は帰宅しました。

帰宅後、シャワーを浴びながら「みんな集まってなんだか母が死ぬのを皆で待っている」ような感じに思えてきました。そう思うと付き添ってあげる事が母にとって良いことなのかわからなくなりました。しかし、私たちは口にはしなかったものの皆、最期の時くらい皆で送ってあげたいと言う気持ちでいっぱいだった行動だと思うと、私の自己満足なのかもしれませんが「母は幸せなのかもしれない」と思えるようになりました。

 

1年半前くらいに母の兄が亡くなった時、子供たちが付き添っていたのですが、売店へ買い物に行き誰も居なかったちょっとの時間に息を引き取りました。従兄妹がそれをすごく悔やんでいたので、そんなことがないようにしたい気持ちもあったと思います。

 

 

スポンサードリンク