読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父と母の闘病生活とわたし

父はがん・母は白血病で他界。闘病生活を送っている両親の気持ちや両親を支える(介護)する家族の実話

母の葬儀

「神道」のお葬式「神葬祭」

f:id:tarubomirubo:20160720104926j:plain

「神道(しんとう)」って今ではあまり聞きなれないかもしれません。

皇室の葬儀はご存知の方もいらっしゃるかと思います。簡単にご説明をしますと、神道(しんとう)の形式によって行われる葬儀を、神葬祭(しんそうさい)といいます。 神葬祭では、人が死去(帰幽といいます)しますと、神社の神職が神道の形式にて執り行います。

 

 

神道で行われる葬儀は仏式とは異なります。

仏式は故人を極楽浄土に送るための葬儀ですが、神葬祭は故人の御霊をその家にとどめて、家の守護神となってもらうための儀式です。 神葬祭では仏式のように焼香や線香を用いることはなく、これに当たるものが玉串奉奠(たまぐしほうてん)です。

f:id:tarubomirubo:20160721202034j:plain

玉串とは榊の枝に紙垂(しで)を付けたものをいいます。 玉串を捧げたあとは二拝二拍手一拝(にはい にはくしゅ いっぱい)の作法で神社と同じようにお参りしますが、神葬祭や五十日祭までの拍手は、まだ神様になっていないので音を立てないようにそっと手を合わせる忍び手にします。

神道において死とは穢(けが)れであるため、神の鎮まる聖域である神社で葬儀を行なうことはほとんどなく、故人の自宅か、別の斎場で行ないます。神道でいう「穢れ」とは、「不潔・不浄」だけを意味するものではありません。 肉親の死による悲しみ、それによって、ハツラツとした生命力が減退している状態、それこそが「気枯れ」=「けがれ」であるといわれています。

 

お坊さんではなく神主(宮司)さんが行います。お線香の臭いもなくまるで結婚式の神前式のような感じなので、暗い感じの哀しいお葬式と言うより雰囲気も明るく、心身共に清められる感じの葬儀でした。

また「神葬祭」と言うように「祭典」になるので、四十九日のことを五十日祭、一周忌は一年祭と言い法事はある意味「お祝い」のような感じです。

亡くなったのにお祝い?と普通は思ってしまうかもしれませんね。誕生日のような感覚でいるとなんだか不思議と寂しさは無くなっています。

 

家の守り神になってしまったので今ではいっぱいお願い事をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク